始めに
私の糖尿病の発症は平成6年、今から21年前になります この21年間に糖尿病での入院が6回、狭心症での入院が3回 随分会社にも家族にも迷惑をかけました何より食事療法、運動療法 お酒やタバコの嗜好品制限の多い生活を強いられます 私は現在65歳【平成27年現在】団塊世代の生まれです 私の体験した入院生活や家庭内での治療経験が あなたのためになればとても幸福です 糖尿病、糖尿病を否定出来ない人を合わせると 日本中で1370万人いると推計されていますが このなかで治療をしている人は200万人弱しかいません 糖尿病で死亡する人が年間1万人 糖尿病からの腎臓障害で人工透析をはじめる人が1万人 糖尿病性網膜症で視覚障害になり全盲になる人が3000人 この数字をあなたは少ないと感じますか
当サイトは私経験した事例や参考文献をもとに掲載しております医療当事者ではございませんので間違いや、勘違いもあると想われます、お気づきがございましたら指摘頂きたくお願い致します。

2007年09月07日

デトックスを判定してくれるサイトを発見。

スポンサー 広告 

<

デトックスを判定してくれるサイトを発見 !
私もやってみたけど、悪い方から2つ目でした。
近頃、運動不足です。 人間やっぱり体を動かしていないと

マジに体が硬くなったようになりますね。
固まったぁぁぁぁ と言うやつです。
机に座ってパソコンいじっていると余計に感じますね

少しは体を動かさないと本当に体がおかしいです。
たまに運動をすると筋肉痛なんてもんで無くなるし
関節は曲げるのにマジに苦労するし

食べたいものも食べないで体重に気をつけているのに
これでは本末転倒 ってこういうことかな ?
体重は落ちたけど運動して落ちたのではないので

お腹はそのまま、体重が減った分だけ皮がぁぁぁぁ
体内脂肪は減ったみたいだけどそのぶん体力も落ちているし
やれやれ 運動しながら体重を落とさないと

体力まで落ちてしまいますね。
最近ひざが痛くて正座ができません。
テレビで放送している ヒアルロン酸って言うのを

飲んでみようかなって想ってます。
そうだ 先にデトックスナビのサイトを紹介しますね

栄養ナビ だそうです。
下のほうにデトックス度を調べるナビがあります。

あなたも自分の診断をどうぞ

2007年02月07日

メタボリックは心疾患を助長する。

スポンサー 広告 

<

メタボリックの進行しだいで心疾患への移行が
大幅に増大することがアメリカから報告されています。
メタボリックはアメリカが発祥地、メタボリックシンドローム

の名前で、広がり内臓脂肪症候群が日本名
血圧、血糖値、腹回りのサイズ等でメタボリックでくくられるよう
な内容ですが、実に日本では腹周りサイズと、血圧の問題から

40代以上では凄い数となっています。
血圧は以前にテレビでも放送されていましたが
正常血圧と異常な血圧との比較が素人では出来にくく

なっていますね、 目安としては低いに越したことは
ないと想っていますが、気になりますよね。
アメリカではメタボリック患者が心疾患に移行する割合が

正常者に比べて75パーセントの増加と報道されています。
それにしても、おっかないです。

はぃ私は血糖値、血圧とふたつ
腹回りはどうにか、どうにかセーフ セーフーーーー

皆さんはどうですか ?
血圧は、血糖値は、腹回りのサイズは ?

メタボリックに気をつけましょう
運動しかり、食事療法しかり 生活を見直してみましょうね





2007年01月25日

メタボリック 京都府の取り組み

スポンサー 広告 

<

今日のネットニュースで国が取り組んでいるメタボリック
京都府ではさらに府民の健康を推進する為にということで
京都府長寿健康プランの改定を実施したようです。 色々各地の自治体でも

背に腹は変えられない状況のようですね

▽疾病にかからない「からだ」と「こころ」をつくる(予防・健康づくり)
▽疾病を早期に発見し、進行・再発を防ぐ(早期発見と適切な治療)
▽寝たきりにならず元気に活動する(介護予防)−の三つの目標を明確に示した。

この三項目のようです。明確にしただけでは駄目ですよね
近頃のコマーシャルに放送されているように実行に移さなければ
人間は弱い生き物です。 都合の良いようについ考えがいってしまいます。

それが集団であればなおさらのように想いますが
自分を守る為に健康で長生きをしたいのなら まず自分から思考を
変えなければ前には進みません。 自治体はその手助けをお願いしたい

車椅子で自由に街中を往来できるようにとか
お年寄りや健康弱者にたいする施設や方の整備とか
健康なものは自分で身体や精神を守ることができますが

健康の弱者 ? 言い方が変だけど
お題目だけの政治ならだれもついてはこない
もっと身近に感じることが出来るようにしてもらいたい

こんな考え方は私だけ ?

2006年12月08日

メタボリックシンドロームの診断基準知ってますか

スポンサー 広告 

<

メタボリックシンドロームの診断基準

腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上で、
かつ以下の項目で2項目以上が該当する人。

* 中性脂肪≧150mg/dl
 かつ/またはHDLコレステロール<40mg/dl(男女とも)
* 収縮期血圧(最高血圧)≧130mmHgかつ/または拡張期血圧≧85mmHg
* 空腹時血糖≧110 mg/dl

※これらの基準は国や機関によって微妙に異なるだけでなく、病気として見ていない医者もいるのですが、身体にいいことは一つもないのだし基準とあるだけに気をつけるに越したことはありませんね。

ちなみに私の腹回りは80センチ、血圧は80〜125〜135くらい。
糖尿病の検査で動脈硬化の検査もしていますが、今のところは
大丈夫みたいです。  でも検査と発症は違うようで

動脈硬化の症状は無くても、私のように狭心症になったら ?
では済まされません 
メタボリックの症状は数値が高くなるほど、糖尿病、動脈硬化を

発症する起因になりえます。 
糖尿病は内分泌の病気ですが、糖尿病はあらゆる血管の病気を
引き起こす原因になります。 動脈硬化、狭心症、網膜症、腎症、

脳卒中も元々は血管の病気です。

血液の中身が問題なんだから素人でもそれを運ぶ血管に
影響が出ることはなんとなく理解できます。

腹がでてて、何もいいことは一つもありません。
見た目も悪いし、 頑張ってお腹をへこましましょう。


2006年11月30日

新健康フロンティア戦略賢人会議が初会合
メタボリック対策を議論

スポンサー 広告 

<

日経より抜粋

政府は29日、首相官邸で「新健康フロンティア戦略賢人会議」
(座長・黒川清内閣特別顧問)の初会合を開き、
来年から10年にわたる長期戦略を今年度中にまとめる方針を決めた。

健康に過ごせる期間を延ばすための具体策を示すもので、
4つの分科会を設けて食育の推進策やメタボリックシンドローム
(内臓脂肪症候群)対策などを議論する。

これからの10年の長期戦略と言うことは、メタボリックに関する
問題はこれからが正念場と言えるだろう。
外食産業の隆盛やファーストフードの及ぼす影響も馬鹿にならない

昔の日本食、良い表現が見つからないが本来の日本食
昔に、私が過程で食べていた日本食ならこんな問題はあまり
提起が無かっただろう。

日本食の素材の味を生かした、日本食がアメリカ等ではダイエット食
豆腐や刺身、なにより 寿司がアメリカやヨーロッパで
大流行しているのは複雑な心境ですね。

肝心の日本人が日本食離れになっているのはなんと言うべきだろう
ともあれ、政府が腰を上げたのは喜ばしいことであり
それだけ、意識を高めなければならない現状にあることを

私たちは認識すべきことなのでしょう

2006年11月24日

2005年度の食育白書のメタボリックシンドローム

スポンサー 広告 

<

政府は24日午前の閣議で、
国民の食生活をまとめた初の「食育白書」(2005年度版)を決定した。
40〜74歳の男性の半数がメタボリック症候群が
「強く疑われる予備軍」と指摘。

さらに毎日家族一緒に夕食を囲んでいるのは四世帯に一世帯になるなど、
「健全な食生活が失われつつある」と警鐘を鳴らしている。

栄養の偏りについては、一日の野菜摂取量の目標とされる
350グラムにすべての世代で達しておらず、
脂質の取りすぎにより男性では30〜60歳の3割、女性は60歳以上の

3割が肥満と指摘。逆に二十代女性の二割がやせすぎで、
過度の痩身(そうしん)志向も問題になっている。



 内閣府食育推進室は「食を取り巻く状況はかなり深刻で、国民自らが取り組んでいかないと解決できない」とし、家庭や学校、地域などで行われている食育推進運動への参加を呼び掛けている。

2006年11月20日

NHK で放送 わかっちゃいるけど止められない メタボリックシンドローム 内臓脂肪との闘い

スポンサー 広告 

<

NKH 夜9時からの放送をご覧になられたでしょうか ?
わかっているんですよね 本当に、この一杯が駄目だって事を −−−

放送をご覧になった方の感想はいかがでしょうか ?
生活習慣病、心筋梗塞、内臓脂肪、メタボリックシンドローム、脳卒中

これのが、放送されたキーワードです。
実際にはまだまだあるのですが −−−
溜め込むのがお金なら、万歳なのですが、余計な脂肪では

笑えない事実が眼前に迫ってきます。
なぜ、メタボリックシンドローム ? こんな疑問を持つ前に
自分の真実の身体をもう一度真剣に見直しましょう

メタボリックシンドロームにはいくつかの条件があります。
おなか周りだけではありません。 そう血圧です。

血圧が高くてよいことは一つもありません
かくいう、管理人も以前は高血圧、過去ログを除いてもらうと
解るのですが、狭心症の手術の前は、普通で上の血圧が150以上

朝起きて図ると200近いなんてこともしばしばでした。
そうなると、もう一日が苦痛でどうにもなりません
孫悟空ではありませんが、頭にタガがひとつ巻きついているような感じ

仕事にも、遊びにも集中が出来ないのです。
メタボリックはその書状のおなかだけでは決してありません

こんなに話題になるのは、おなか周りだけが理由ではないからなのです。
私のメタボリックは今は血圧が下がった分だけ
良くなりましたが、油断は禁物ですね。

2006年11月15日

持田製薬「「エパデール」が冠動脈疾患の発症と再発を抑制など研究成果を発表

スポンサー 広告 

<

こんなニュースを発見、 渡しは糖尿病と狭心症の発症を
経験しているので、 特に興味があります。

一部抜粋から
高コレステロール血症およびその他の危険因子(
肥満、高TG血症または低HDL−C血症、糖尿病、高血圧)が
重積した1次予防症例において、リスクのいずれの重積群においても

対照群と比較して冠動脈イベントの抑制効果を示しました。
エパデールは、高TG血症(150mg/dL以上)
および低HDL−C血症(40mg/dL未満)を併せ持つ患者群に

おいて、対照群と比較して有意に53%冠動脈
イベント抑制効果を示しました。

これらの結果から、内臓脂肪蓄積を上流因子とする
メタボリックシンドロームに、エパデールが
有用である可能性が示されました。

なんとなくではあるが、私にはピッタリのような薬ではないかな ?
高コレストロールは 境界線をいったりきたりしており。
今はコレストロールの薬は飲んでいない。

以前飲んでいた薬が新聞に副作用で死亡の記事を読んだこともあるが
全てが安全な薬とはこのことよりも証明しており
なるべくならば飲みたくは無い

しかしながら こんなニュース読むと、医師からまだ狭心症の
種は残っているとの言葉もあり
心配するなと言う方が無理なのでは

いずれにしても、なんと医療費の高いことか 
失業の身としては凄くこたえます。

2006年11月13日

メタボリックの新会社 ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社

スポンサー 広告 

<

ヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社のニュースが入ってきた
自分の健康状態を携帯やパソコンを通じてデーターベースに送り、
サプリメントや健康のアドバイスをするというもので、

まったくのベンチャーであるようです。
こんな会社が出てくるということは、時だの流れなのでしょうか
飽食の時代と言われて久しいが、どこでもいつでも

高エネルギーの食事が出来る現代では、
このような会社もビジネスになるのであろう、私が子どもの時には
出かけるときには弁当が必需品であった。

外食産業もまだ少なく、せいぜいガラーメン屋さんくらい
今では、どんな小さな町でも立派な食堂が、ファーストフードがある。
外国では日本食がダイエット食になっていることを

考えると、糖尿病やメタボリックのように肥満を心配しなければならない
環境に社会そのものがなっていることを考えなくては
運動をしようにも、都会ではお金がかかる。

身体を動かすことに対してのお金
決して けちんぼ では無いが釈然としない気持ちになるのは
私が年をとったからだろうか 

自分の子どもの頃を想うと、本当に今の子どもはかわいそうに想う
都会では駆け回る広場も、狭い公園しかない。
その小さな公園さえも、危険、なにかあっても責任が持てないの理由で

ブランコやシーソーが撤去されるのを見ると
本当に悲しくなる。
私たちの頃のシーソーの思い出やなんなのだろうか

話が全くそれてしまいました。
自分の身体は自分が一番知っている  ではなく
自分の身体を一番知っているのはデーターベース  

私には到底考えられない世界のように想います。

何でもお金、企業は身体の情報を管理してサプリメントや
いま流行の再生医療等のデーターにするのだろう

本当にすみにくくなったもんです。

2006年11月06日

メタボリックシンドローム 益々報道が増えている。

スポンサー 広告 

<

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)であっても
血圧が正常に保たれていれば動脈硬化のリスクは上がらない
こんな傾向が調査で浮かんできました。 通常の考えでは反対のようだが

同シンドロームは生活習慣病の危険を高め、
心臓病や脳卒中を招く動脈硬化につながるとして注目されるが、
同シンドロームの有無だけにとらわれず、
生活の中で個々の危険因子に注意する必要性が示される結果のようです。

いずれにしてもメタボリックをそのままにすることで体に良いわけが
あるはずもなく、体の調子を整え、生活の基本を守ることで
病気の進行を妨げなければなりません

あなたの生活はいかがでしょうか

血圧が同じでも、薬を飲んでいる人のリスクが高くなっているとの報道もあります。
薬に頼らないと正常な血圧を保てないこと自体がリスクを高めている可能性が考えられます
皆さん 本当に気をつけましょう

2006年07月21日

メタボリック お腹の脂肪の落とし方

スポンサー 広告 

<

生活習慣病の大根源である内臓脂肪撃退に一番効果的な運動。
それは・・・【ジャンプ系有酸素運動】だそうです。つまり、
【なわとび】!トータル3分間やると効果的だそうですが、ずっと飛び続けるのは

きついので、音楽を聴きながらやると楽っす。
あと間に筋トレをほどよく取り入れるというサーキットトレーニングをすれば、
体力レベルに合わせて、楽しく継続できまっする。運動不足が原因なので

運動することはもちろんだけど、有酸素運動を積極的に取り入れることで
脂肪を効率よく燃やすことができるんですね。しかも、有酸素運動は
腹式呼吸をしっかりやって、大股で歩くだけで、できちゃいます。

ウォーキングは簡単にできる運動だから、継続もしやすい。
実際にウォーキングをやっている人は6割近くが1年以上継続できてるし
3割は3年以上継続してるんだって。歩いて健康

スリムになってモテモテ♪やらなきゃ損しちゃいまっするよ
まずは、【ウォーキング】から。内臓脂肪撃退が急務なら【なわとび】
っすね。ウォーキングに関するアンケート(インターワイヤード)

メタボリックって知ってる

スポンサー 広告 

<

無呼吸症候群の男性の半数、女性では約3割がメタボリック・シンドローム
を合併しているそうです。
『無呼吸症候群』

メタボリック・シンドロームにご用心(YOMIURI ONLINE)でも、
話題になっているとはいえ、【メタボリック・シンドローム】って、
何か知ってますか?内蔵脂肪型肥満で、高血圧・高中性脂肪血症(高脂血症)

高血糖のうち、2つ以上を合併している人の事を【メタボリック・シンドローム】
って言うそうです。ひとつひとつの症状が軽くても合併してるから、怖いんです。
脳卒中や心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化などなど

いわゆるドロドロ血が原因の生活習慣病の予備軍中の予備軍なので、
働き盛りの方がコロッと逝っちゃう原因なんです。それもこれも、
一番の原因は内臓脂肪!女性に比べて男性は内臓脂肪がたまりやすいので、

注意が必要です。
生活習慣病とも言われているように、運動不足や外食・間食・夜食が多いと
ついてしまうのが内臓脂肪。
でも、逆に落としやすい脂肪でもあるんです。

って事で、内臓脂肪の落とし方も紹介しましょう。

2006年07月05日

脂肪肝が糖尿病を改善?‐肝臓から肥満改善のシグナル

スポンサー 広告 

<

この記事の見出しを見た時は ? ? ?
脂肪肝は、そのものが病気のイメージが私にはある
ところがこの脂肪肝が糖尿病や肥満を抑制すると言うのである

過食などの生活習慣病に基づく肥満は、糖尿病・高血圧・高脂血症を併発しやすく、メタボリックシンドロームにつながる。
メタボリックシンドローム患者は動脈硬化を生じやすく

患者数の急増と相俟って医学的にも社会的にも大きな問題となっている。
こんな報道が目につくようになっているのに ?


それは 脂肪が肝臓につくことによって肝臓が痩せさせる神経シグナルを発しているという事なのである
その神経シグナルを活性化することができれば −−−

この新規神経システムを活性化する薬剤を開発することは
肥満を解消し、糖尿病を改善させる画期的な新しい治療薬となるものと考えられる

人間の身体は本当にうまく出来ている物である
肝臓に脂肪がつくことは、人間ととって不利益な事なので 肝臓から
痩せろという神経シグナルが発生し、脂肪の燃焼を高め

肥満や糖尿病の発生を抑える  この神経シグナルを薬によって活性化することが
出来るとするならば、本来人間がもっている仕組みを利用して

糖尿病や肥満の治療を行う事が出来る 

早く研究が進むことを祈りましょうか  

2006年06月13日

厚生労働省の資料を見つけました

スポンサー 広告 

<

メタボリック症候群 このブログでも難解も書いていますが
最近頻繁に新聞やテレビで見かけるようになりました
ネットで色々調べてみたのですが、厚生労働省の資料を見つけました

平成16年 国民健康・栄養調査結果の概要について
〜メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の状況を中心に


こんな名前の資料です
読むだけでは新聞やテレビでも窺い知れます
重要なことは、このメタボリック症候群の状態を見極め、自分自身の

生活に取り入れ、その症状の解決を目指す事にあります
何事も、実行する事、お腹の脂肪がどうしても邪魔なら、何とかして
これを解消する事に努力する事です





ダイエットを実行した場合、お腹の周りは中々減りません
体重は減っても、お腹の周りはそのままという事が往々にしてあります
ダイエット (食事の抑制)だけでなく運動をしなければ −−−

以前に書いた様に激しい運動を進めるわけではありません
まず散歩からです 毎日の散歩 歩く事です
10分でも20分でも歩く事です  奥様と一緒に買い物は如何ですか

二人で歩いての買い物は如何でしょうか
出来る事から始めましょう それがお腹の周りをち締めます

2006年06月04日

内臓脂肪は命の危険信号

スポンサー 広告 

<

内臓脂肪は命の危険信号  こんな題名の本が出版されました
40歳から74歳までの男性の半分、女性は5人に一人が
この本の題名どおりになります

該当する人は一度本屋さんでパラパラとめくって見るのもいいかも知れません
最近随分、新聞や本などでも報道されています
なぜ ?  男性の半分には少し驚かさせられますね

自分の周りの人を見ると、あっと想う事がたくさんあるからです
私もまだ読んでいません でも、思い当たる人にとっては随分と過激な
題名ですよね 

まずは運動を スポーツではありません運動です
電車通勤なら一駅を、マンションならエレベーターを止めて階段を
毎日の積み重ねがあれば、少なくても今以上の出っ張りはなくなるのでは

私もズボンを最小のものにしなければ −−−−

2006年06月03日

g今日の新聞記事 北海道新聞のメタボリック症候群

スポンサー 広告 

<

今日6月3日の北海道新聞にメタボリックシンドロームの
報道が大きく報道されていました
北海道新聞の調査によると道内の実態は全国調査とほぼ同じ結果となっています

内臓脂肪症候群 予防と治療は食事と運動療法で −−−

語句を見ただけで納得するような記事が書かれています
40代以降の年齢でみると男性の2人に一人、女性は5人に一人の割合
この割合は、予備軍も入った結果となっていますが、納得できる割合でしょうか

男性の2人に一人の割合では社会現象となっていますよね
内臓脂肪の蓄積、一昔前の言葉では、恰幅が良いとか、貫禄がついたとか
言われて、容姿のことほめ言葉ではなかった事になります

皆さんは、同ですか?

私は、運動を一ヶ月しなかった場合には 本当におなかにすぐ影響が出ます
履いていたズボンのベルトが締まらないことですぐに解るのですが
私の場合 ズボンのサイズは3種類あります

今現在は、真ん中サイズ これが一番小さくならないと −−−

もう少しで一番小さくなります
夏になって運動する機会が増えてくると大丈夫
食事にも気をつけなければならないのは当たり前ですが

どうしても食べなければならない時以外は、寝る前の間食
これだけは絶対に止めなければ −−−
年甲斐もなく甘い物に目がないのです 反省 −−−

皆さんも頑張りましょう  

2006年05月19日

最近話題のメタボリック症候群 対岸の火事でいいのかな

スポンサー 広告 

<

テレビでこの頃話題の中心になるメタボリック症候群
生活習慣病の予備軍の扱いで随分とテレビや新聞の話題になっています
これらの報道から 以前から話題になっていた

内臓脂肪型肥満のことだと気づく人は身に覚えがあるのかな
この言葉はアメリカでいわれだした事ではありますが
欧米型の高脂肪、高カロリーの食事に起因している事は明らかです

日本では沖縄県での平均寿命の低下がその症例に当ては回る結果となっているのを
ご存知でしょうか

かつて日本一の長寿県として知られていた沖縄県では、1990年に男性の平均寿命が5位に後退し、2000年には何と26位にまで転落してしまいました。特に20代〜40代の若い世代の死亡率が全国平均の1.6倍にも達しています

この原因として若い人の沖縄特有のゴーヤチャンプルー等の栄養バランスのとれた
伝統的な食事中心とした食生活から手軽な高脂肪、高カロリーの食生活に
移行している現状が影響を及ぼしている事は否定出来ない事実です

アメリカではハンバーグメーカーがこの肥満で裁判になっている現状が
高脂肪、高カロリーの安易なファーストフードの食習慣を表現していると
いえます

家庭でつくる、伝統的な沖縄の食事 スローフード −−−
もう一度、伝統的な料理を見直しましょう









2006年05月11日

メタボリックシンドロームが国会で話題に

スポンサー 広告 

<

以前に紹介した厚生労働省発表の生活週間病の心配がある
メタボリックシンドロームが50パーセント以上の発表に
疑問の質問が 国会であった

メタボリック症候群、本当に危険?民主党議員が指摘
私は別に構わないと想うのですが −−−
と言うのは、身近にいる人たちが、おなかの出っ張りに対して
あまりに無関心なのでは ? と言う事です

中年太りと片付けてしまいがちなのです
私は警鐘を鳴らす意味でも、もっと発表を知らしめたらと想います
家族からも お父さんお腹の心配は −− といさめることが必要です

私の経験からは家族から言われるのがやっぱり堪えます
家族の協力は何者にも変えられない効力があります

お父さん 近頃 おなかの周りが気になりませんか 

プロアクト健康ウェブ通販

わずか一滴でできる郵送検査サービス  ⇒詳細はこちら

自宅で簡単に高精度な血液検査が可能に、検査結果はEメール、携帯メールでも!

《充実の検査キットシリーズ》

【生活習慣病12項目:高脂血症、肝機能、糖尿病、痛風、腎機能】、【C型肝炎】、

【総合ガンコース】、【前立腺ガン】、【エイズ(HIV)】、【クラミジア+淋病】など。

《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら


だるい!疲れやすい!のどが乾く!尿の量・回数が多い!性欲減退!
勃起不全!などの症状がある方
一度糖尿検診を受けてみませんか?