始めに
私の糖尿病の発症は平成6年、今から21年前になります この21年間に糖尿病での入院が6回、狭心症での入院が3回 随分会社にも家族にも迷惑をかけました何より食事療法、運動療法 お酒やタバコの嗜好品制限の多い生活を強いられます 私は現在65歳【平成27年現在】団塊世代の生まれです 私の体験した入院生活や家庭内での治療経験が あなたのためになればとても幸福です 糖尿病、糖尿病を否定出来ない人を合わせると 日本中で1370万人いると推計されていますが このなかで治療をしている人は200万人弱しかいません 糖尿病で死亡する人が年間1万人 糖尿病からの腎臓障害で人工透析をはじめる人が1万人 糖尿病性網膜症で視覚障害になり全盲になる人が3000人 この数字をあなたは少ないと感じますか
当サイトは私経験した事例や参考文献をもとに掲載しております医療当事者ではございませんので間違いや、勘違いもあると想われます、お気づきがございましたら指摘頂きたくお願い致します。

2010年08月06日

検査入院から退院しました。

スポンサー 広告 

<

久しぶりの投稿です。
検査入院から退院しました。
二週間の入院でした。

今回の入院は、インシュリンの種類と量を決定するための入院
今までは、日に二回のインシュリンの注射でしたが
今回は日に四回の注射・・・

毎食と日に一度の持続型のインシュリンの注射
入院中には週に一度のターゲス・・・
糖尿病で入院した人ならわかるはずですが

ターゲストは、一日に七回の血液検査
七回は、病院によって違うのかな?
とにかく、一日の血糖値の推移をみてインシュリンの量と

種類を決定するものですが
これが痛い・・・マジに痛い・・・
注射の上手な看護士さんなら・・・と思うのですが

それにしても欠陥の出ない私には苦痛の連続にしかならない

とにかく、一日に合計四回の注射と量が決定・・・
それでも今回はターゲスが3回しか出来なかったので
これからは通院で更に量とインシュリンの種類を決めます。

このブログを書いてからもインシュリンの量が毎年増えています。
幸いなことに、・・・幸いなことなのかは ? ですが
三大合併症にはまだ、まったく罹患していないので

心配なのは・・・ 狭心症のほうかな ?
でも今回の入院でも、糖尿病教室やらで
糖尿病の恐ろしさを更に認識・・・・

医者や別な医師?・・・糖尿病の医師で無い医師のことですが
インシュリンの日に四回の注射は
最近のというよりも現在の糖尿病の一番の治療みたいです。

毎食が終わった後に、その食事の血糖値を下げるための
即効で効果がでる、インシュリンの注射
そして日に一度の、持続効果があるインシュリンの注射

このインシュリンの打ち方が一番の治療みたいです。

ま 患者の、状態いかんでしょうけどね・・ 
これから死ぬまで、インシュリンにお付き合いしなければ
ならないのですが・・・ 健康が一番・・・

病気にならないのが一番なのですが
それは・・・ 病気にならないと健康のありがたさがわからない

糖尿病は 生活習慣病 ・・・
糖尿病予備軍の人は、健康のありがたさを忘れないで
今日、今から生活の習慣を見直してください。

糖尿病の呼び名のひとつに生活習慣病というのもある
と言うことを決してわすれないことです。



だるい!疲れやすい!のどが乾く!尿の量・回数が多い!性欲減退!
勃起不全!などの症状がある方
一度糖尿検診を受けてみませんか?