始めに
私の糖尿病の発症は平成6年、今から21年前になります この21年間に糖尿病での入院が6回、狭心症での入院が3回 随分会社にも家族にも迷惑をかけました何より食事療法、運動療法 お酒やタバコの嗜好品制限の多い生活を強いられます 私は現在65歳【平成27年現在】団塊世代の生まれです 私の体験した入院生活や家庭内での治療経験が あなたのためになればとても幸福です 糖尿病、糖尿病を否定出来ない人を合わせると 日本中で1370万人いると推計されていますが このなかで治療をしている人は200万人弱しかいません 糖尿病で死亡する人が年間1万人 糖尿病からの腎臓障害で人工透析をはじめる人が1万人 糖尿病性網膜症で視覚障害になり全盲になる人が3000人 この数字をあなたは少ないと感じますか
当サイトは私経験した事例や参考文献をもとに掲載しております医療当事者ではございませんので間違いや、勘違いもあると想われます、お気づきがございましたら指摘頂きたくお願い致します。

2009年07月03日

糖尿病の検査のために入院中です。

スポンサー 広告 

<

しばらくぶりの投稿です。
実は以前に投稿したのは循環器の心臓のカテーテルの入院
今日は糖尿病の専門病院に入院中です。

実は今日はやっと外泊許可が出たので
やっと、ネットにアクセス・・・・
いやぁぁぁぁ 娑婆はやっぱり良いですね・・・・

このブログを書き出してから、もう4年になりますが
そのあいだにも入院が・・・ もう3回目かな?4回?
今回の入院は・・・ 血糖値がまったく下がらないからなのですが

今年のお正月から ヘモグロビンA1C つまり・・・
平たく言うと平均血糖値の数値が 9.2までなってしまったからです。
この病院の目標が A1Cの数値が7以下

私の最高値が5.6なので・・・・
マジに悪化・・・ これでは糖尿病の最大の欠陥の合併症が
発生してもしかたのない状況になってしまったので・・・・

薬の量と、以前のインスリンの製剤を見直すために
検査入院となってしまったのです。
入院するまえは、 ノボリン30Rを10単位

朝、晩の注射でしたが・・・
現在はノボリン30ミックスを朝晩、16単位
実は、この16単位、自分で決めてしまったのが・・・・

今年のはじめから、以前にようにいくら努力しても
血糖値がおちないので・・・ 毎日のインスリンの量を
医師には、事後承諾の形で・・・・

10単位から最終的に16単位でもダメで
今回の入院になってしまったのです。
でも・・・・ ターゲス 一日6回の血の採取は本当に嫌ですね

両腕が注射針の穴だらけ・・・・
でもこれをやらなければ、本当のインスリンの量が決定しません。
そして、インスリンの製剤も 30Rから30ミックス

30Rは以前の製剤でいま現在は30ミックスだそうです。
入院してからターゲスは一度だけですが・・・
あと二回はしないとだめそうだし・・・・

頑張らないと、本当に合併症が発症してもおかしくないので
合併症だけは絶対に発症したくないし
心臓の病気も合併症と言えばそうなんですが・・・・

じん臓や肝臓の病気には絶対に成り無くないし
とにかく、生活をもう一度見直して・・・ 頑張らないと
ほかの病気の闘病記を書かなくてはならないように

明日は病院にまた戻ります。
さてぇぇぇぇ 少し頑張りましょう。 少しだけなんですけどね

だるい!疲れやすい!のどが乾く!尿の量・回数が多い!性欲減退!
勃起不全!などの症状がある方
一度糖尿検診を受けてみませんか?